よく聞かれることば。



8カ月が長いのか短いのかはわかりません。



現実、8カ月で亡くなりました。



日常生活や治療を聞かれ、なにかしら原因特定したり、追究しようとされますが、



そのようなことは全く無意味。 それは私も気付かされたことですが。


納骨が終わり、気持ちにゆとりができたら、



主人の最後の入院闘病日記を綴ろう。








めんたまま












[PR]
by butterfly_m | 2017-04-18 07:34 | 闘病日記 | Comments(0)

医師のホンネ

内科医である、親戚のお兄ちゃまに、


主人の肺がん詳細を解説してもらった。


主治医とほとんど同じことを言ってたけど、


とっても珍しい稀なガンだったと。。。



そして、医師のホンネも聞けた。











スッキリした!



今夜はぐっすり眠れそう。








f0226232_22223361.jpg


まだ、体調的にアルコール飲めませんので祭壇に貯まるー。




めんたまま


[PR]
by butterfly_m | 2017-04-05 22:13 | 闘病日記 | Comments(0)

もう少し時間ください。


最後の入院からの日々を記録としてここに残しますが、


まだ気持ちが追いつきません。


ごめんなさい




めんたまま



[PR]
by butterfly_m | 2017-03-27 21:08 | 闘病日記 | Comments(2)

訃報

ブログめんたまま日記を読んでくださった皆様へ。



3月13日 主人が亡くなりました。




本日は告別式、と同時に、長男の中学卒業式でした。



出席できなかった卒業式は、日を改めて長男のために卒業式をして頂けます。。










めんたまま











[PR]
by butterfly_m | 2017-03-15 23:27 | 闘病日記 | Comments(0)

腫瘍熱

連日の高熱は


腫瘍熱だそうです。


熱が高いからシャワー浴お預け、 シャワー浴できない日はベッドで清拭。今日はめんたままが担当。


看護師さんがしてくださることも多く、さすがプロ、


段取りよく、清拭もうまいって。


めんたままは何回も清拭してるけど、一向に上手くならない。

こりゃ退院後が大変だー。


めんたまま






[PR]
by butterfly_m | 2017-03-04 15:21 | 闘病日記 | Comments(0)

3月3日 ひな祭り

ランチ
f0226232_13202615.jpg


主人、イベント毎に病院食で楽しめてます。


牛すきのお肉はたくさんでした。


いま高熱続き、血液検査の値もよろしくない。


慌てて退院しなくて良い。


退院まで色々がクリアできるよう、焦らずいこう。



めんたまま





めんたまま
[PR]
by butterfly_m | 2017-03-04 13:14 | 闘病日記 | Comments(0)

退院予定でした

今朝の血液検査の結果次第で明日退院だね!


と、むかえる準備をしていました。


明日は長女の高校卒業式、同じ日に主人が自宅へ戻れる予定がなくなりました。


いま、病院から連絡あり、


肝機能数値がかなり高く、退院はできない、と。


退院21日→26日に延期→中止→3/1退院→退院中止→



急がず、焦らず。







めんたまま




[PR]
by butterfly_m | 2017-02-28 13:10 | 闘病日記 | Comments(0)

先日、


看護師さんと交代し主人が乗ってる車イスを押してみた。


ナースステーションの奥の部屋から自室までほんの数十メートルだけど、ゴツンゴツン角にぶつかり、


曲がり角もいけなかった。


え~奥さん下手やね~   ほんとに車の運転免許証もってんの? 


看護師さんたちからいじられ(笑) 主治医も隣で笑ってるし、 夫も早く部屋に連れていってよと呆れてるし(笑)


結局、看護師さんに交代(^^ゞ 


車イスをおすにはコツがいるね。 こりゃ何度も練習だ~



めんたまま







[PR]
by butterfly_m | 2017-02-19 19:11 | 闘病日記 | Comments(0)

同室のおじいちゃん

先週の話。


病室、主人の隣に入ってきたおじいちゃん。


入院した時は、50代であろう娘さんが付き添っていた。


ベッドセッティングし、おじいちゃんが横になった途端、


娘さんが部屋を出ていく。




しばらくして看護師さんらが体のキズを見つけ、体調異変に気付き、


すぐ先生に診てもらわなきゃ、などなにか話をしていた。


おじいちゃんに、娘さんにきてもらいたいから電話しますねとお電話するが出ないそう。



困った看護師さん達。



おじいちゃんは娘に電話してー、電話してー、と。



結局、娘さんは来ないままでした。



昨日のおじいちゃんは会話もできてたので処置はできたのでしょう。



でも、、



もどかしい気持ちでいっぱいでした。











めんたままの家にあるコレ。
f0226232_08143380.jpg

0.5kgが、重く感じて笑えた(^O^)




うでふり軽々やってたのにな。





めんたまま







[PR]
by butterfly_m | 2017-02-12 08:01 | 闘病日記 | Comments(0)

ベッドサイドに

主人がベッドから手を伸ばすだけで目薬やリップクリームが取れるように、


度々看護師さんを呼ばなくてもよいように、


娘の巾着袋を借りました。


f0226232_12425399.jpg

一応、子供たちの案。 ありがたい。


色々入れられるね。










めんたまま


[PR]
by butterfly_m | 2017-02-09 07:15 | 闘病日記 | Comments(0)